メインイメージ画像

ソフトウェア開発におけるツールの選び方について

ソフトウェアを利用する場面で動作が不安定すぎる状態ですと、開発用のツールの活用が大事です。OSに標準搭載されているツールのみを使って、ソフトウェア展開を行うのは、現実的ではありません。インターネットで無償ダウンロードできるツールの中にも、ソフトウェア開発に役立つものが多数ありますから、探してみるべきです。

例えば、ソフトを開発するには、プログラムを入力するためにテキストエディタが必要となりますが、これもツールのひとつです。

テキストエディタについては、

ソフトウェア開発者によって、好みが大きく分かれる部分であり、古くから様々な派閥が存在しています。派閥抗争をしていても仕方ないので、会社でソフトウェア開発をする際、使うテキストエディタを企業サイドで決めているケースもあります。また、ソフトウェア開発では、作成したプログラムの管理ツールも必要になってきます。フォルダに毎日バックアップをとるというやり方は、効率的ではないです。

高い性能のプログラム管理ツールを用いれば、いつでも自由にプログラムの性質を古い状況に戻すことができたり、差分だけを表示できたりするので有能です。

ソフトウェアを開発するためのツールにこだわるくらいなら、開発スキルを高めることに時間を使うべきだという人もいます。しかし、良いツールを使ってソフトウェアを作るのと、平凡なツールを使用してソフトウェアを作るのとでは、10倍以上もかかる時間が違ってくることもあります。開発スキルを高めたいなら、開発にかける時間を節約することが重要であり、そのためにこそ、ツールにこだわる必要性があるのです。

ツールを選ぶ方法としては、開発したいソフトウェアに合ったツールを選ぶというのが、ひとつのやり方です。ただ、そのやり方ですと、いろんなソフトウェアを開発しているデベロッパーは、その都度、ツールを切り替えることになり大変です。むしろ、開発対象のソフトウェアではなく、自分に合ったツールを選ぶ方がおすすめです。自分に適したツールを長年使い続けていれば、驚異のスピードで、ソフトウェアが開発できるようになります。